俳優Mahoと、日頃から美・健・攻に努める10人の仲間たちのNYサバイバル生活。New York based actor Maho Honda's official blog!


by zhensui-maho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

15EASTのお寿司で泣き笑い

アマンダです。

ちょっとうれしいことがあったので、ひっさーーーーーーしぶりにお寿司を食べた。

カンパニーは、前々からお寿司にいこういこうと話していたのになんやかんやで伸び伸びになっていたMahoと、ごはんに呼べばいつもくる以外と暇なベジタリアン中年ミュージシャンSと。

なんと、Sはお寿司初!ナマザカナすら初!アンビリーバボーである。

そりゃそうか。だって半年前Dimsumでエビを食べる前まで20年間ベジタリアンだったんだもんね。

お寿司バージンを奪っちゃうんだから美味しいところを…ということで、せっかくなのでYelpサーチをした。こういうときはいつも頼りになる。

わたしやMahoにとっても、待ちに待った念願の寿司である。延期している間に貯めてきたお祝いごとをいっぺんに祝ってやろうではないか。

で、わたしの学校とMahoの家から近い15EASTに決定。

お刺身とお寿司のおまかせ(OMAKASE)でお願いすることにした。緑茶が美味しい。

b0186354_954598.jpg
 まずはお刺身。美しい。そして新鮮。

エビの頭のプレゼンにビビる(元)ベジタリアンS。

b0186354_9553114.jpg

お刺身は外人シェフだったが、お寿司は大将の清水さんが握ってくれた。ネタがとても新鮮で、シャリの粒のあいだに絶妙にとろける。

後から後から、もっと美味しいネタがでてくる…とSもご満悦。

4つ目あたりにのどくろを食べた直後、Mahoに異変が…。


泣いてる。



…本気だ。



b0186354_10275947.jpg←カメラが迷惑そうなMaho(金髪)

そういえば、今年ももうすぐあっというまに終わるなぁ。わたくしアマンダがあげる外食ポストはこれが最後になりそうだ。

思えば、胃潰瘍と地震で食欲と気力がいっぺんになくなった3月は、自分から寿司に行こうなんて考える余裕はまったくなかった。

なんていうか、そういう、自分のために楽しいことをすると考える部分の細胞が死んでしまった感じだった。

外からわからないだけで、被災地の方々だけでなく、多くの海外在住の日本人が、3.11大地震で負った傷から血が流れたまま暮らしていた。あの日からみんなの生活が一変してしまった。

それに、異国のひとり暮らしなので、Mahoもわたしも基本的にはお金の許す限りにケチケチして、勉強なり練習なりなにかしらタメになることを時間の許す限りに詰め込もうとする毎日だ。

だからこそ、なにかの機会にこういう贅沢なお金と時間の使いかたができるって、そういう心の余裕ができるようになったって、ちょっとは成長したと思っていいのかな。

いかん。Mahoのせいで、そしてお寿司がうますぎるせいで、わたしもちょっと感傷的になってしまった。

Sも、ニューヨークで長年活躍してきたフリーランスミュージシャンだけに共感してくれて、3人でしみじみ。

勝手にしみじみしてる間にも、もちろんエキサイティングなネタの宴は続く。
b0186354_10264319.jpg
寿司部門は瞬食いしたので、最後の梅しそ巻きしか画像がない。


ひととおり食べきり、いい感じにお腹がいっぱいになったのだが、ウニといくらを食べていないことに気づく。

ここはぜひ脱バージンしたSに食べてもらいたいじゃないか。

b0186354_1064141.jpg
ばーん! ウニ。

b0186354_107089.jpg
どぉーーん!!!! ウニ。047.gif




パフパフどんどん!!ウニぃーー!!(もはや画像なし)



なにも、この日あった3種類(サンタバーバラ、メーン、北海道、だったと思う)全部を食べることもなかったんだけど。なんだかうれしかったからよいのだ。

わたしが目をつぶりあまりの美味しさに悶絶している右どなりで、Mahoは美味しすぎてもはや笑っている。

一方、左どなりでは、Sが眉間にしわを深く寄せて、アmmmmメィジング!!を連発している。

泣いたり笑ったり、忙しい人たちである。

b0186354_10101949.jpg
最後にイクラ。このプリプリの中なら、アパートの3階くらいからダイブ・インしても死ななそう。


カウンターは皆常連客のようだった。外人さんなのに、サーモンだけが寿司じゃねぇんだよ、っていう通の雰囲気がぷんぷんである。

b0186354_10105231.jpg

清水さん、途中シャゲーッと動くカニもみせてくれた。(※写真は清水さんではない)

これにも心を痛める、心優しい自称ベジタリアンS。またロブスターをお家で茹でたいなぁ。

というわけで、お腹いっぱい。たいへん満足なランチとなった。

寿司屋なのに下町感のないモダンでクリーンな店内だが、ちょっとおしゃれなテーブルメニューに対し、とても正当な江戸前のお寿司を握ってくれる。

気さくな大将とカウンター越しの会話も楽しめる。これも寿司体験には重要だ。

外人でベジタリアンで寿司バージンというもっとも遠い人物にまでも、
”一体全体なにのどこを食べているのか最後までわからず終いだったけど、美味しかったよ!”
と言わせるのだから、その実力はほんものだ。またなにかうれしいことがあったら奮発してきたいと思う。

清水さん、どうもありがとうございました。

15 EAST

15 E 15 STREET NEW YORK CITY
TEL 212-647-0015
FAX 212 645-3098
INFO@15EASTRESTAURANT.COM

http://15eastrestaurant.com/

b0186354_10481046.jpgみなさん、よいお年を。

by Amanda
b0186354_11414354.jpg

今年は初めてニューヨークでゆっくり過ごす年末です。お友達のみんな、忘年会しようね! Maho 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
Click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-12-23 10:57 | Amanda-Eating out