俳優Mahoと、日頃から美・健・攻に努める10人の仲間たちのNYサバイバル生活。New York based actor Maho Honda's official blog!


by zhensui-maho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:にぎやかごはん ( 15 ) タグの人気記事

アマンダです。

前回、挑戦的なマリアージュでお世話になったbrushstrokeのヤン・セジュさんに続き、日本人の舌の繊細さは世界レベルだということを体験できるバーがある。

場所は、ヤングと古着と世捨て人とロッケンロールのエリア、イーストヴィレッジ。

住所を元にサンライズマートにほど近いビルの階段を上ると、吉祥寺か有楽町か…というほど呑み屋感丸出しの焼き鳥居酒屋が広がっている。

香ばしい臭いに思わずフラフラと腰掛けたくなるが、迷わず左の扉を開けよう。

中はまったく別世界。

b0186354_784269.png
b0186354_622593.png


世界一のバーテンダーがつくったカクテルが飲めるバー、Angel's Shareである。

b0186354_621141.png
後閑信吾(Shingo Gokan)さん。今年2月、スピリッツメーカー、バカルディ社(Bacardi Limited)が創設150年を記念して開いた、過去最大級のカクテル世界選手権で優勝した。

わたしのカメラは暗いところに弱いので写真はぱっとしないが、クリエイティブだということをお伝えするために、あえてのせてみる。

お酒に詳しくないし酔っぱらっていたので,いくつかのカクテルでのアルコールの種類は覚えていないのであしからず。で、もし味の詳細が間違ってたらごめんなさい。いろいろと前置きが言い訳がましくてごめんなさい。

b0186354_6222276.png
一番人気というライチのカクテル。隣からは、恋に落ちそうな味…とつぶやく声。

b0186354_6234126.png
これは以前はメニューにはなかった、ウイスキーと日本酒とマーマレードが入っているカクテル。今はメニューにあります。

b0186354_6243175.png
脳内の官能知覚支部をぶっとばしてくれた、カボチャのカクテル。天国でカボチャプリンを食べているような味。

b0186354_6245962.png
麹と黄な粉とかりんとうが入ってるカクテル。和のうまみ爆弾、さく裂!

b0186354_6255073.png
テキーラとシソ。シャーベット入り。テキーラというと、ショットで転倒!というチャラいイメージがついていたので、繊細な味に感動。

b0186354_6261347.png
もくもくとシナモンやらのスパイスを燃やした煙が充満するグラスの中に注がれるカクテル。もうこれ以上ぶっとばす脳天がないのですが、さてわたしはどこを飛ばせばいいのでしょう。



他にもメニューはまだまだあるし、好みを言えば,それに合わせて作ってくださる。

たとえば、どこのお店にもあるブラッディマリーも、スペインの冷たいトマトスープ、ガスパッチョみたいなオリジナルな味で出してくれた。

注目すべきは、ハーブやスパイス、柑橘系のアクセントがきいているカクテルが多いこと。それも、日本ならではのシソとかわさびとか柚子とかが上手に使われていて、とても独創的なのだ。

いや、しかし、ウイスキーっていうのは危険な大人の味ですねぇ。こう、身体が下のほうからかーっと熱くなって…。

b0186354_628371.png
速すぎてブレる、仕事中の信吾さん。メガネも素敵です。

せっかくなので、カクテル選手権での信吾さんの優勝ドラマをここに書いておこう。

ニューヨークの友人・平石洋介さんが、このビデオをみせてくれたのが信吾さんを知るきっかけだった。ようさんの力作をどうぞ。



一応文章でも書いてみます。

※ネタバレ

大会の決勝。準備からサーブして片付けまでの一連の流れを制限時間以内にやらなくてはいけないのに、信吾さんは最初の自己紹介のときにかなり時間を使ってしまった。

信吾さんは、口数が多いタイプの人物ではない。では、なぜそんなことが起きたか。

去年の日本と言えば,地震だ。国内、海外に住む日本人、そして日本を思うすべての人に、大きな傷を残した災害だった。そのことを話したりしているうちに、感極まって泣いてしまったのだという。

それは観客にも伝わったようで、会場でも泣いてくれる人がいたという。

気づいてすぐに、慌てて作業に取りかかったけれど、もう片付けまでは間に合わないことを覚悟した。でも、とりあえず心を込めてカクテルをつくることに専念することに決めた。

残り1分を切り、ステージを下りて審査員にカクテルを配ろうとしたとき、他の出場者たちがステージ上にゾロゾロと上がり出した。もう終わってしまったのか!と思ったけれど、それでも最後までしっかりパフォーマンスをして、ステージに戻ろうとした瞬間。

なんと、決勝ベスト8の他の出場者たちが、信吾さんのために片付けを終わらせてくれていたんだそうだ。


b0186354_6371325.png
こちらが優勝カクテル、Speak Low。ラムとシェリーと抹茶が入っている。

これが実話っていうところがかっこいい。競争を超えて志を共にする仲間がいるって、ありがたい。

信吾さんはこのお店のマネージャーでもある。さらに新しい挑戦のお話なども聞かせてくれて、この先どんどん活躍していく方なのだろう。

いつも客の動向を把握して、すかさずさりげないサービスをしてくれる。バスケで言えば、ガードのポジションだ。ついでに地獄耳という噂もあるが、口も相当固そうなので心配はないだろう。

そんなサービスのレベルの高さと、すばらしい味のおかげで、Angel's Shareにはお客がひっきりなしである。信吾さんはいつも出ているわけじゃないので、もし彼のカクテルを飲みたい場合は、お店に電話して確認してみるとよい。

わたしはバーにあまり行ったことがないので他とは比べられないのだが、カクテルが美味しいこと、ここが素敵なバーだということだけはちゃんとわかった。

連れの友達に、「ひとりでバーは行ったことない」,と言うと、「美術館に絵を観にいくように、信吾さんのカクテルを飲みにくればいいじゃない。」とハイカラなことを言っていた。お互いに、大人になったものだのう。

アートを味わうことと、カクテルを味わうこと。確かにちょっと似てるかも。

なんだか、前より自分がちょっとだけ豊かな人間になったように感じられる、そんなバー。

Angel's Share

Village Yokocho
8 Stuyvesant St New York, NY 10003
(212) 777-5415


いつものYelpで。レビューも読めます。
http://www.yelp.com/biz/angels-share-new-york

b0186354_6345097.jpgby Amanda

b0186354_11414354.jpgインプット週間開始。近々は、ショーと映画を観れるだけ観てやることに決めました。 Maho 


 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 ↑応援クリックどうぞよろしく!

ニューヨーク生活情報
↑ついでにこちらもクリック。ありがとうございます!

Please click these 2 ranking banners above and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2012-06-13 06:54 | Amanda-Eating out
Brushstrokeで働く若き敏腕ソムリエ、ヤン・セジュさんのマリアージュの会。前回の続き。

待ってました!のお料理がスタート。

※詳しい銘柄が知りたい方はメールください。

b0186354_883258.png
とぽとぽとぽとぽ…


1。初夏の野菜の辛子味噌和えと、軽い甘みのあるヴィオニエ種の白ワイン。

b0186354_87435.png


野菜がちょっと苦いのと、味噌が甘辛いのが、すっきり甘みのあるワインに合う。このワイン、エグさがまったくなくて美味しい。


2。ウニの柚味噌クリーム・出汁のジュレと、ほどよい甘みとミネラル感のあるシュナン・ブラン種の白ワイン。

b0186354_895961.png


ほんのり甘いながらも、さっきのよりもシャープなワインなので、うにのまったりした甘みと合う。

というか、この出汁…アナゴのゼラチンだそうだ。テーブルのそこここで、可憐な乙女たち (とたぶんドンH) から、驚喜の声が漏れてくるほどおいしい。

この中で溺れて死にたい!

とあっちの世界で悶絶していたら、突如ものすごい勢いでセキが止まらなくなり、こっちの世界に引き戻されてしまった。きっ気管にウニが…っっ。

あー、ほんとに死ぬかと思た。

まだまだ長いので、落ち着いていただきましょう。


3。数の子煮と、亜硫酸無添加のオーガニックGarganega種の白ワイン。

b0186354_811614.png


いわくつきの数の子。ワインとのマリアージュが非常に難しい食材であるらしい。

数の子に合うワインを見つけてこい、とのシェフからのお題に、考えて考えて試して試して選び抜かれてようやくたどり着いた答えを披露してくださった。

「普通は、こんな面倒なことせずに、日本酒持ってきちゃいますよね。」とにっこり笑うセジュさんの控えめな横顔に、ワインの可能性にかけるプロ根性を見た。

ワインに醸造過程で加えられる亜硫酸は、生臭さを強調するという仮説がある。そこでこの、亜硫酸無添加ワインなのだ。

飲んでみるとなんか変だった。

まず、ぶどうの味がしないのだ。リンゴジュースみたいで、後味にアルコールも感じない (酔ってたからではない。酔ってたけど)。

数の子と一緒だと美味しくていくらでもイケてしまうが、個人的に単品で飲みたいと思う味ではない。

あ、だからマリアージュ(マリッジ=結婚)なのか!

結婚とは、欠点のある者同士が,互いに補い合ってひとつのずばらしいものを作り上げることなのですね。しみじみ。

しかし、数の子だけでなく、いくらとかキャビアとも合っちゃうらしい。おやじキラーならぬ、ぎょらんキラーのプレイボーイワイン。


4。本マグロ赤身のお刺身と、Blaufrankisch種の軽めの赤ワイン。

b0186354_8131338.png


「魚料理は白ワイン」が一般的だが、赤身魚や青魚には、実は赤ワインのほうが合うことも多いらしい。

マグロの鉄分と、鉄っぽい風味のある赤ワインは、相性の良いパートナー。どっちも真っ赤だし、血で血を洗うマリアージュである。

ココで,裏技。

お醤油に、赤ワインを混ぜるの術!!

b0186354_8141243.png

なんか、もう、新しすぎて、美味しすぎて、笑いが止まらないんですけど。

あ、ワインこぼしちゃいましたね。ごめんなさい。


5。マランガ芋のお饅頭のあんかけと、シャルドネ種の樽使いの白ワイン。

b0186354_8144982.png


樽を使うと質感が重くなるため、繊細な味つけの和食には合わなくなるケースが多いらしい。今まで個人的に”エグミ”と表現していたワインの味は、樽使用のものだったのだ、きっと。

このマリアージュは、芋まんの香ばしさがワインを口に含むことでいっそうアップするという仕組みだった。

そして、この出汁。おいしすぎ。なんだこれ?わたしに今日だけで何回溺れ死ねと言うのだろうか。

しかし、エグいワインのは得意ではないので、芋まんじゅうを即座に食べ終え、出汁を飲み干してしまうと、残りのワインが残ってしまった…。


6。銀ダラ西京焼と、Vin Jaune種の白ワイン

b0186354_8154890.png


おぉ!このワイン、ウイスキーみたいな香りがする!!!

でも、味はワイン。こちらも樽熟成だが、わたしの苦手な、いわゆるエグさはあまり感じない。

甘辛い銀ダラ西京と、少し海の香りのするこのワインがいまく調和し、鼻息フンフンの芳香なお味を生み出す仕掛けになっていた。

ここで、脱線して、試しに残った5のワインを飲んでみる。

と、同じ樽系のワインといえども、まったく調和しない。銀ダラ氏は6のワインじゃないとお気に召さないのだ。

ワインを選ぶとき、お料理たちは決して妥協しない。かならずこれ!という運命のパートナーがいる。ほほほーう。

それにしても、銀ダラってこんなに美味しかったっけ?ぷりぷりで、ジューシーで、色っぽすぎる。我々の唇もテラテラにしてくれちゃって…


7。塩豚の山椒餡とシェリー

b0186354_8181629.png
(イン・フロント・オブ・ドンH)

牛や羊に比べて、豚と鶏はクセがないため、味付けやソースの味をどうするかがシェフの腕の見せ所らしい。今回は、さっぱり上品に塩豚で。

ワインは、またしてもウイスキーのような香りがする。実はシェリーは初めて飲んだが、なんて美味しいんだ。そして、なんて豚さんに合うんだ。

b0186354_819142.png
思わず「神」と書いてぐるりと丸してしまった。

2のウニと、6の銀ダラにも天才!と書いてぐるりとしてあった。あんまり覚えていないので、興奮していたのだろう。

今撃たれても笑って死ねる、という最高にふわふわした気分だ。


8、の前に、メニューにはなかったお寿司。

b0186354_8205432.png
ア,ア,アナゴ!!!!!!

お腹がいっぱいになるように、との粋なはからい。


8。ほうじ茶プリンと、ペドロ・ヒメネス種のワイン。

b0186354_835534.png


お前はキャラメルなのか?はたまた黒蜜か?!とドつきたくなるほどに、濃厚で甘ぁーいワイン。名前もなんかペネロペクルスみたいにロマンティックで乙女ティックな感じ。

香ばしいほうじ茶プリンと一緒にいただくと、このペドロヒメがシロップの役割をし、複雑で完成された味のひとつのデザートになっていた。

ぜひ自分でも買って、アイスクリームたっぷりとかけてやろう。

たいへん個性の強いワインであるが、デザート以外だったら、甘辛い豚の角煮などに合うらしい。こってり、しっかりしてちょっと甘いものがよいようだ。

以上、舌と頭を刺激するお料理は終了。
b0186354_8222466.png
おなじみの松の実入りオブラートも出ました。

その後は、残りのワインをみんなでほぼ飲み干し、声の大きさがピークに達したガールズパワーでセジュさんを質問攻めにして(ワインのことね)、猫のおしっこの香りと言われるなんとかワインなどの質問も出たりしながら(メモが走り書きすぎてもう読めない)、約3時間にわたる宴が幕を閉じたのだった。

ワインにはいまいちソソられない日本酒派のわたしだったが、こうしてマリアージュしているところをいただくと、料理を包み込み、良さを引き出してあげる包容力に、もうイチコロであった。危険、キケンだ。

酔ったら味が分からなくなるかなぁと思っていたが、そんなことはまったくなかった。料理が出てくるたびに食の奥の深さに驚きつつ、5感をフルに使ったディナーだった。

ちなみに、セジュさんは、究極の組み合わせを試行錯誤しているときも、試したワインはちゃんと全部飲むらしい。でも、味覚にはまったく影響ないそうだ。恐れ入りましたー。

いろいろと思いがめぐったカラフルな夜でした。どうもありがとうございました。

b0186354_8251541.png
ごちそうさまでした。

☆☆☆ Brushstrokeのセジュさんのクラスを始め、Bouley Test Kitchenでのクッキングクラスのスケジュールと詳細はこちら。
http://davidbouley.com/cookingclasses/


b0186354_8234931.jpg by Amanda

b0186354_844493.png好奇心が躊躇に勝った瞬間。速すぎてブレてます。

Maho
 


 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 ↑応援クリックどうぞよろしく!

ニューヨーク生活情報
↑こちらもクリック。ありがとうございます!

Please click these 2 ranking banners above and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2012-06-04 09:15 | Amanda-Eating out
アマンダです。

マクロビオティックと言われて思い出す、”健康的だけど、理屈っぽい。堅苦しい。あごが疲れる。お母さんが手抜きの日のお弁当みたいに茶色っぽいごはん。”という冴えない印象を覆したお店、”SOUEN”をご紹介しよう。

SOHOの端っこに本店、ユニオンスクエアから1ブロックのところに姉妹店、そしてイーストヴィレッジにラーメンを出す支店がある。

ニューヨークでだいぶ定着した感のある”マクロバイオティック”(日本ではマクロビオティック、マクロビ)。なんだかアラビアの呪文みたいだが、えーと、つまり、身体によくて環境にもよい料理ということである。

ポイントは、玄米、無農薬、皮付き野菜。(たぶん)

肉をみかけることはないが、ベジタリアンとは違うらしい。
b0186354_9434494.jpg
銀ダラの西京焼きと、豆腐と野菜のジェノバソース炒め。ディナー。

b0186354_9441258.jpg
魚出汁具沢山みそ汁と、野菜カレーと、穴子入りお稲荷さん。と、T.Tのピース。

b0186354_9443932.jpg
レインボー寿司とサラダ

b0186354_945664.jpg
ソフトシェルクラブの太巻き、人参ビーツジュース。ランチ。太陽光に映える料理が美しい。

b0186354_9453713.jpg
湯葉巻きと生春巻き、ごまソース。と、T.Tの腕。

b0186354_9455755.jpg
豆腐チーズケーキとチョコパフェ。と、T.Tの腕きん。


どうですか、この色鮮やかさ。冴えない茶色一色なんて言った無礼な奴はどこの誰か。

これでマクロビ、オーガニックですよ、奥さん。1日30品目の目標は、ここにくれば1食でクリアできるのではないか。

銀ダラ西京焼きなんて、美味しすぎて後ろにノメッて倒れそうになるくらい最強だった。

どれも工夫された味付けだが、家でも真似できそうなものばかり。身体にいい自炊を心がけている人は、アイディアをもらっちゃおう。

写真はないけど、ベイクグッズ(クッキーとかスコーンとか)も美味しい。

グリーンがいっぱいの店内は決して広くはないが、淡々とした心地よい時間が流れている。

もし運が良ければ、オーナーのYamaさんに会える。マクロビだけど堅苦しくないSOUENのお店を体現したようなYamaさん。

マンハッタンのダウンタウンの要所に3店ものお店を手がける大成功経営者でありながら、休むことなく毎日現場にでてお客と接し、ユニオンスクエアとSOHOを行ったり来たりしているエネルギーの固まりのような人だ。

そしてよくしゃべる、しゃべる。

彼は常連さんの顔はみんな覚えていて、hi!Yamasanと次々と入ってくる金髪美人にもモテモテである。(常連にはモデルやアーティストも多いらしい。)

オーナーがYamaさんなおかげでお店のスタッフの雰囲気もいいのもSOUENの魅力だ。

きっとYamaさんに会えばお分かりかと思うが、年齢不詳というのを超えた、きっと20年前も20年後もまったく同じように生き生きしているんだろうと思わせる迫力がある。

少年のようでいて、仙人のようでもある不思議なクリーチャーなのだ。

ひらりひらりと誰よりも身軽に効率的に(たまに長話してるけど)仕事と接客をさばいていくYamaさんをみていると、すべてにおいて無駄がない。きっと仕事以外でも無駄がないんだろう。

彼の手がけたマクロビ料理の洗礼を受けながら、無駄だらけで生きている自分自身を顧みるのだった。

実はわたくし、観光で立ち寄った4年前にSouenユニオンスクエア店でひとりご飯をしたことがある。でも、豆がそのまま茹でただけで出てくることに絶句し、どの料理にも醤油をどばどばかけないとやっていられず、ひどくがっかりしたことが記憶に残ったのだ。それゆえ、ソウエンに再訪したときの料理への感動はひとしおであった。

これはわたしの味覚が健康志向に変わったということもあるかもしれないけど、料理のレベルが格段に上がっているためだと思う。

表向きはおちゃめで面白い怪物Yamaさん、裏ではとっても研究熱心なのだ。

おすすめが知りたかったら、Yamaさーん!と彼を呼んでみよう。きっと丁寧に教えてくれるはずだ。

お日様の恵みでお腹いっぱいになった。足りていなかった栄養が、体中の血管のすみずみにまで染み渡った感じだ。

さぁて、もう少し健康的に生活してみますか。まずは朝の徒歩通学から…ぶつぶつ

ちなみに、SOHO店のトイレにはおむつ交換台が付いているので、赤ちゃんを一休みさせられる。こういう気配りが、子供の小さい親御さんたちにはありがたいではないか。

Souen http://souen.net/

Souen Soho
210 Sixth Ave at Prince St, 10014

Tel: 212-807-7421


Monday - Friday: 11:30AM - 10:30PM

Saturday: 11AM - 10:30PM

Sunday: 11AM - 10PM

Souen USQ
28 East 13th Street, 10003
 Between University Pl & 5th Ave

Tel: 212-627-7150


Monday – Saturday: 11AM - 10:30PM

Sunday: 11AM - 10PM

Souen East Village
326 East 6th Street, 10003 
Between 1st & 2nd Avenue

Tel:212-388-1155


Monday - Saturday: 12PM - 11:30PM

Sunday: 12PM - 10PM


b0186354_101432.jpgby Amandab0186354_11414354.jpg

ユニオンスクエアすぐのVinyard TheaterでOutside Peopleを観て、これはレビューを書きたい舞台だぞ!とニコニコして帰ってきたら、その日で公演が終了でした。終わった舞台のレビューをのせるのもあれですかねー。 Maho 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
応援クリックをどうぞよろしく!
Click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2012-02-06 10:12 | Amanda-Eating out

15EASTのお寿司で泣き笑い

アマンダです。

ちょっとうれしいことがあったので、ひっさーーーーーーしぶりにお寿司を食べた。

カンパニーは、前々からお寿司にいこういこうと話していたのになんやかんやで伸び伸びになっていたMahoと、ごはんに呼べばいつもくる以外と暇なベジタリアン中年ミュージシャンSと。

なんと、Sはお寿司初!ナマザカナすら初!アンビリーバボーである。

そりゃそうか。だって半年前Dimsumでエビを食べる前まで20年間ベジタリアンだったんだもんね。

お寿司バージンを奪っちゃうんだから美味しいところを…ということで、せっかくなのでYelpサーチをした。こういうときはいつも頼りになる。

わたしやMahoにとっても、待ちに待った念願の寿司である。延期している間に貯めてきたお祝いごとをいっぺんに祝ってやろうではないか。

で、わたしの学校とMahoの家から近い15EASTに決定。

お刺身とお寿司のおまかせ(OMAKASE)でお願いすることにした。緑茶が美味しい。

b0186354_954598.jpg
 まずはお刺身。美しい。そして新鮮。

エビの頭のプレゼンにビビる(元)ベジタリアンS。

b0186354_9553114.jpg

お刺身は外人シェフだったが、お寿司は大将の清水さんが握ってくれた。ネタがとても新鮮で、シャリの粒のあいだに絶妙にとろける。

後から後から、もっと美味しいネタがでてくる…とSもご満悦。

4つ目あたりにのどくろを食べた直後、Mahoに異変が…。


泣いてる。



…本気だ。



b0186354_10275947.jpg←カメラが迷惑そうなMaho(金髪)

そういえば、今年ももうすぐあっというまに終わるなぁ。わたくしアマンダがあげる外食ポストはこれが最後になりそうだ。

思えば、胃潰瘍と地震で食欲と気力がいっぺんになくなった3月は、自分から寿司に行こうなんて考える余裕はまったくなかった。

なんていうか、そういう、自分のために楽しいことをすると考える部分の細胞が死んでしまった感じだった。

外からわからないだけで、被災地の方々だけでなく、多くの海外在住の日本人が、3.11大地震で負った傷から血が流れたまま暮らしていた。あの日からみんなの生活が一変してしまった。

それに、異国のひとり暮らしなので、Mahoもわたしも基本的にはお金の許す限りにケチケチして、勉強なり練習なりなにかしらタメになることを時間の許す限りに詰め込もうとする毎日だ。

だからこそ、なにかの機会にこういう贅沢なお金と時間の使いかたができるって、そういう心の余裕ができるようになったって、ちょっとは成長したと思っていいのかな。

いかん。Mahoのせいで、そしてお寿司がうますぎるせいで、わたしもちょっと感傷的になってしまった。

Sも、ニューヨークで長年活躍してきたフリーランスミュージシャンだけに共感してくれて、3人でしみじみ。

勝手にしみじみしてる間にも、もちろんエキサイティングなネタの宴は続く。
b0186354_10264319.jpg
寿司部門は瞬食いしたので、最後の梅しそ巻きしか画像がない。


ひととおり食べきり、いい感じにお腹がいっぱいになったのだが、ウニといくらを食べていないことに気づく。

ここはぜひ脱バージンしたSに食べてもらいたいじゃないか。

b0186354_1064141.jpg
ばーん! ウニ。

b0186354_107089.jpg
どぉーーん!!!! ウニ。047.gif




パフパフどんどん!!ウニぃーー!!(もはや画像なし)



なにも、この日あった3種類(サンタバーバラ、メーン、北海道、だったと思う)全部を食べることもなかったんだけど。なんだかうれしかったからよいのだ。

わたしが目をつぶりあまりの美味しさに悶絶している右どなりで、Mahoは美味しすぎてもはや笑っている。

一方、左どなりでは、Sが眉間にしわを深く寄せて、アmmmmメィジング!!を連発している。

泣いたり笑ったり、忙しい人たちである。

b0186354_10101949.jpg
最後にイクラ。このプリプリの中なら、アパートの3階くらいからダイブ・インしても死ななそう。


カウンターは皆常連客のようだった。外人さんなのに、サーモンだけが寿司じゃねぇんだよ、っていう通の雰囲気がぷんぷんである。

b0186354_10105231.jpg

清水さん、途中シャゲーッと動くカニもみせてくれた。(※写真は清水さんではない)

これにも心を痛める、心優しい自称ベジタリアンS。またロブスターをお家で茹でたいなぁ。

というわけで、お腹いっぱい。たいへん満足なランチとなった。

寿司屋なのに下町感のないモダンでクリーンな店内だが、ちょっとおしゃれなテーブルメニューに対し、とても正当な江戸前のお寿司を握ってくれる。

気さくな大将とカウンター越しの会話も楽しめる。これも寿司体験には重要だ。

外人でベジタリアンで寿司バージンというもっとも遠い人物にまでも、
”一体全体なにのどこを食べているのか最後までわからず終いだったけど、美味しかったよ!”
と言わせるのだから、その実力はほんものだ。またなにかうれしいことがあったら奮発してきたいと思う。

清水さん、どうもありがとうございました。

15 EAST

15 E 15 STREET NEW YORK CITY
TEL 212-647-0015
FAX 212 645-3098
INFO@15EASTRESTAURANT.COM

http://15eastrestaurant.com/

b0186354_10481046.jpgみなさん、よいお年を。

by Amanda
b0186354_11414354.jpg

今年は初めてニューヨークでゆっくり過ごす年末です。お友達のみんな、忘年会しようね! Maho 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
Click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-12-23 10:57 | Amanda-Eating out
アマンダです。

こないだのBrushstrokeの巻で1ヵ月食費150ドルと告白したのでなんだかすごい節約苦学生みたいな印象になってしまったかもしれない。そうなのだ。わたしは気まマホ委員会外食担当であるくせにあまり外食をしないのだ。とくに最近は。

でも外ごはん担当のプライドにかけて(?)、ちゃんとリピートしているレストランもあるのだ。

外食写真を整理しがてら、今日はお気に入りのお店のひとつ、
がりのすし(Sushi of Gari)のことを書いてみる。

NYで大人気の創業14年の創作寿司のお店だ。ミシュランの星も獲得している。寿司好きならば知らない人はいないというほどの有名店である。

いつも寿司屋ではガリを山盛り頼む者としては、店名だけでもうムラッときてしまう。しかし、がりのがりはショウガのガリではなく、雅利さんという大将のがりらしい。

b0186354_23321253.jpg
↑横綱にさりげなく混ざってるこの人がウワサの雅利さん。


創作寿司なんてアボカド入れればいいんでしょ。

と、あなどるなかれ。ここはまさに新鮮なネタ + 独創的な組み合わせ + 芸術的な盛り付けで魅せてくれる優良店。カリフォルニアロールにゴマドレッシングを回しかけたものを出す店とは一線を画する。(値段もね。)

おすすめはセントラルパークの隣、78stにあるアッパーウェスト店。

ここの店内は自然光の入りが美しく、写真がたいへんキレイに撮れる。なんともつややかで美しいお寿司たちに、毎回腹ペコを忘れてしばらく見惚れてしまうのだった。

アッパーウェスト店。毎回違うおまかせがでてくる。1部をご紹介。
b0186354_23343995.jpg
b0186354_23351520.jpg
b0186354_23355174.jpg
b0186354_2337020.jpg
b0186354_23364643.jpg


ちなみにこちらはミッドタウンの支店、Gari of Sushi 46。
b0186354_23373366.jpg
ね?写真が違うでしょう。
どの支店も間違いないが、ブロガー&写真好きはぜひアッパーウェスト店へ。


ここへきたらおまかせを頼もう。刺身&寿司OMAKASEと寿司のみOMAKASEと2種類あるが、寿司のみの方はボリュームがありすぎて完食できなかった。

全体的にこってりと油ののったスシネタが多く、一工夫の仕方も、マリネされていたり豆腐のクリームが乗っかっていたり、コクを加えているものが多いので、がっつりお腹いっぱいになる。むしろ人によってはちょっと油っぽく感じるくらいだ。

ちゃきちゃき江戸っ子の殿方をゲストにお連れしたときも、江戸前以外の寿司へ偏見があったけど、目からうろこがぼろぼろ落ちた!と喜んで帰っていった。

がりのすし Website http://www.sushiofgari.com/

[ Sushi of GARI 46 ]
347 West 46th Street, New York, NY 10036
Tel: 212-957-0046

[ Sushi of Gari]
402 East 78th Street, New York, NY 10021
Tel: 212-517-5340

[ GARI ]
370 Columbus Avenue, New York, NY 10024
Tel: 212-362-4816


b0186354_235629100.jpg
おまけ。 お腹に余裕のある人、家に残した家族に罪悪感のある人は、ここの太巻きをどうぞ。カニカマはNYで出世してますよ!

b0186354_23225987.jpg by Amandab0186354_11414354.jpg


 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 ↑応援クリックどうぞよろしく!

ニューヨーク生活情報
↑こちらもクリック。ありがとうございます!

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif

[PR]
by zhensui-maho | 2011-07-30 23:42 | Amanda-Eating out
アマンダです。

4月末にオープンした、かのデビッド・ブーレー氏の日本食料理レストラン、
Brushstrokeに行ってきた。

David Bouley氏といえば、ZAGATで最高得点を獲得したことでも有名。シェフとして技術の鍛錬を怠らないうえに、さらにビジネスの才能でじゃんじゃん躍進するNYレストラン会の大御所である。

日本通としても有名なドン・ブーレー氏。ここがOpenする前も、ブーレー・ベーカリー(閉店。残念すぎる)の2階でUp Stairsという和食部門を展開させていたくらいだ。

しかも、地震の際には来日し、そのカリスマ性を使って日本の食材の安全さをアピールしてくれたことは記憶に新しい。

さて、そんな話題の新店舗に連れて行ってくださったのは、こちらもニューヨークのドン・H。そういえば、1ヵ月食費150ドル(3月は胃潰瘍、地震、と食欲と行動力がわかなかったので、買いだめのもので済ませていた。)というギリギリサバイバル記録の更新を阻止し、饗屋さんで“食の感動”の再発見に付き合ってくださったのもドンだった。

今日もたいへん美味しく、お腹も胸もいっぱいになった。御馳走さまでした。

外から見るとただの倉庫で、住所を覚えててもちと迷ってしまう。色気のない外観とは対照的に、中に入ると、オープンキッチンを真ん中に、白木で統一されたなんとも温かみのある洗練された和空間が広がっていた。

みよ、料理という名の華麗なるアートを!
b0186354_20364623.jpg
b0186354_20371588.jpg
b0186354_20373888.jpg
b0186354_20375743.jpg
b0186354_20383382.jpg
b0186354_20381814.jpg
b0186354_20385181.jpg
b0186354_20391374.jpg
b0186354_203934100.jpg
b0186354_20395955.jpg
b0186354_2040177.jpg
b0186354_20403516.jpg

ぜぇぜぇ。お皿が多くて、アップするのも一苦労だ。

本格的な懐石だが、フレンチ香りがそこここに。(ピーチのソースやトリュフなどなど)

とくに、トマトのカクテル、カニ(タンバリンみたいな名前だった)とトリュフの茶碗蒸し、東一というお酒との出会いが感動的であった。

話によると、日本の辻調理師専門学校と共同でオープンしたそう。シェフも何人も向こうからいらっしゃってるようだ。そりゃ美味しいわけである。

わたしの飲んだものを含め、ここのカクテルは、日本人の山本幻さんという方がつくっている。既存のリキュールを使わず、オールナチュラルというこだわりのもとに計算された、幻さんのクリエイティビティの結晶なのだ。
b0186354_20423710.jpg

彼のお仕事はバーテンダーというより化学者そのものである。幻さんのトレードマークのスキンヘッドは、魔法のカクテルを生み出す化学式の詰まった宝箱だ。

そのおかげか、かのトマトのカクテルは、(ブラッディマリー×素材の質+体に染み渡る一体感)というなんとも心地のよいものだった。グラスの淵につけられた塩も、汗で栄養を取られて干からびかけた脳天までうま味が染み渡った。

周りを見ると、客は羽振りがいい感じの人たちばかり。日本人は少ない。このクソ暑いのに、紫のネクタイと白地に赤と青の細いストライプの背広を着て、股を開いて座っているのだから、ただものではない。

かといってみながみなスーツで来なければいけない雰囲気ではない。ドレスコードのある本店よりは肩の力がいらない感じだ。

視線を移してオープンカウンターをみてみると、シェフのみなさんがすごくかっこいいではないか。

いくら熱い視線を送っても、客になんか目もくれず、料理にすべての集中力を注ぎ込むうつむき加減の横顔が、さらにわたしを萌えさせるのだった。

ここの店には、ブリのように出世してきた若き日本人ソムリエ、セジュさん(東一の横の親指の持ち主。Brushstrokeで会えます!)もいる。幻さんといい、活躍している専門職の日本人を知るのはたいへん刺激的。
b0186354_2041505.jpg

こういう感性を刺激する外食は大事だなぁ…とあらためて思いながら、食べきれずお持ち帰りにしたカニご飯のおにぎりをお昼に食べているのだった。

そうそう、めためたに忙しいのにどこにそんな時間があるんですかと思うが、うれしいことにドンはこのブログを読んでくれている。1ヵ月150ドル生活(ってことは1日5ドルってことか。)に終止符を打とうと思った瞬間である。

外食担当として、家で白メシばかり炊いていたらネタがない。

Brushstroke
30 Hudson street
2127913771
URL:http://www.davidbouley.com/


b0186354_20334653.jpg気まマホ委員会では3回以上リピートしないとレポしないことになっているのだが、こういう1級のお店はリピートできる保証がないので例外ということで。

by Amandab0186354_11414354.jpg

レストランウィーク、チェックすることなく終わってしまっていた…次こそは! Maho
 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
Click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-07-27 20:46 | Amanda-Eating out
ヴィッキーだよ!

続きの心も身体も潤うケープ・メイ・シリーズ。レジーナと夕日のおかげでセンチメンタルになって、なでしこジャパンでのどがカラカラになった後は、お腹が空いてきたよね?ぐー。

短い滞在の中、ごはんのおいしさ&エンターテイメント性でNo.1だったのが、
THE LOBSTER HOUSE。ケープ・メイのガイドブックやHPにはどこにも載ってる王道レストランだよ。

b0186354_11485425.jpg

ぜひとも茹でただけのロブスターを豪快に食べたい!で、お昼にやってきのは、レストランのあるフィッシャーマンズワーフ。ドライブウェイの出入り口のすぐ近くにあるんだ。

歴史があるらしく、とても50年代ハリウッド映画な香りの漂うレストラン。冷房ガンガンの室内の他、外にはテイクアウトがあって船のデッキで海を見ながら食べられるし、持ち帰り用のデリも併設してるよ。

潮風に吹かれながらビールを飲みつつっていうのもいいけど、でもでも、ロブスターをまるまる食べたいからここはやっぱりレストラン!(デッキのメニューにはロブスターの尻尾しかなかった)

何回も大火事になった写真(過去五回以上!どうにかせんと)とか、漁で巨大魚を釣った写真が展示してあるロビーも楽しいから、待つのは苦じゃないよ。ハリウッドスターたちがサインした昔のメニューも飾ってある。当時はロブスターふたり用が4ドルとは!

席につくと、“Look! Everyone in this room is huge!” と恐れおののく自称ダイエット中のサマンサ。

あ、ほんとだ。確かに大きい人が多いね。NYとかロスにいるとたまに大きさ忘れちゃうけど、これぞアメリカっていう感じだよ。

隣の常連らしきヘビー級夫婦が全然しゃべらないのが気になったりして。長く一緒なせいなのか、サイレンスただよう独特の雰囲気だわ。

b0186354_626096.jpg 客のでかさとは対照的に、ウェイトレスは若くてかわいい細めの女の子しかいないもよう。ミュージカルAnything Goesみたいなセーラー服を着ているよ。このチョイスも50年代コンサバな香りがするね。

あーお腹ぺこぺこMAX! わーん。

で、中でも疲れ気味のお姉さんがやってきたとたん、試練がはじまった。

クラブケーキはスティームド?フライド?サイドは、グリーンサラダ?コールスロー?何とかコーン?○▲のトマト煮?ロブスターは1パウンド○ドル、1.5パウンド○ドル、2パウンド○ドル、2.5パウンド○ドル、3パウンド○ドル、どれにする?サイドはスピナッチの

はぁ?

まくし立てられるようになカスタマイズの質問の嵐。一定のリズムで淡々と唱えるので、ききとれないぞ。

もしどさくさにまぎれて“あなた日本のAkiko Wada?”って聞かれていたとしても気づかないぞ。

ここは素直にあきらめて、バッファロー出身でちゃきちゃきアメリカンのサマンサに任せることにした。頼んだよ、サマンサ。

もーさ、なんでもいいんだって。茹でただけのおっきいロブスターが食べたいの。ロブスター持ってきてください。ろぶすたー!!

(間。) …Can you go over again? 

ちょっとサマンサぁ!笑。

お疲れ気味のお姉さん。客が来るたびにこれ全部言わなきゃいけないんだから、ぜんぶが呪文のようになるのもしょうがないか。まぁ、なんでもいいのでロブスター持ってきてください。

なんとか注文を済ませて、最初にやってきたのはエブリシングベーグルの味のでっかいパン。

ワイルドに登場。背中を一突きにされたモスラみたい。
b0186354_11493211.jpg

この脇にあるの、アイスクリームじゃないよ。バターだよ。パンが熱々で、このとろけるコンビに手と口が止まらない。

なにも来てないうちになくなっちまったよ。胃袋の余力はいかに!

だからお腹空いてるんだって。美味しいパンが悪いよ。これを食べないほうが罪だよ。

手持ち無沙汰なわれわれに、あのお疲れ嬢が、さらにおかわりの背中一突きモスラパンを持ってきてくれた。有名レストランだけあって、そのへんはとってもシステマチックだった。

こんくらいの食べっぷりくらいで恐縮してんじゃないわよ。ここはアメリカよ。

とばかりに、どんっとモスラパンをテーブルの隅に置き、当たり前のようにJUMBOアイスクリームバターももうひとつ、ゴトッと挑戦的に(?)置いていった。バターはまだ残ってるんですけど。

なんか、みんなおっきいわけがわかった気がした。

さて、ようやくオーダーが登場。

b0186354_1150850.jpg
クラブケーキ。新鮮!美味しい!

じゃじゃーーーん!!!


b0186354_11503587.jpg

メス。たまごの詰まったメスだ

割れ目からのぞくミソと。サマンサもひいちゃうくらいの真っ赤な卵が。
でろでろでエローいー!!!あっはぁ、たまらん。

さらにロブスター用の溶かしバターがやけくそのように登場したけど。いや、溶けようが何しようがけっきょくバターでしょ。キミもうそろそろ空気読もうよ。

ロブスターは、ほんのり塩味が付いて、そのまんまで甘くて絶品だったよ。甲殻類バンザーイ!!

気づくと、無言で(たまに、あふぅっとか、おぉっとか悶絶しながら)ロブスターと格闘するわたしたち。あ、例のサイレンスはロブスターのせいだったのか…

b0186354_115110100.jpg
机上のカオス

あー、残念。もうお腹いっぱい。ギブ。モスラの恨み、ここにあり。

身の残りと、殻(これも怪訝な顔はされず)はお持ち帰りしたよ。殻で味噌汁を作ったら、いい出汁がでそうでしょ。

b0186354_11515698.jpgロブスターと格闘するときは、前掛けをしてね。→

ちなみになぜか終始気になった隣の夫婦は、会話にエナジーを無駄遣いしてないからか、ひとり一匹を平らげてた。

アメリカの格の違いを見せつけられた瞬間だったよ。

THE LOBSTER HOUSE
609-884-8296
http://thelobsterhouse.com/


追伸:
サマンサが、The Lobster Houseのうちらの経験とそっくりなComedy映画ののYou tubeリンクを送ってくれたよ。from Cracking Up Movieです。笑えます。



b0186354_2210201.jpgお次はショッピングのお話だよ。 By Vickey

マンハッタンから小旅行、ケープ・メイ・シリーズ
☆ ケープメイをお散歩
☆ケープ・メイ・ポイント・国立公園で遊ぶ
☆レジーナのB&B、Twin Gablesに泊まる
☆LOBSTER HOUSEのハゲうまロブスター
☆ケープ・メイはアンティーク天国

b0186354_11414354.jpg昨日はひさしぶりにマンハッタンでちゃんと(笑)外食しました!美味しいお酒と大好きな仲間と、もう他になにも望むことはありません。ポストは後ほど。 Maho 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
気まマホ日記を応援クリック↑いつも訪問ありがとうございます。
If you enjoyed the entry, click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-07-20 22:56 | Vicky-NY Life 1

NYのベジタリアン事情

アマンダです。

なんだか芸がなくて恐縮だが、最近あんまり外食しないので、というか飲茶中毒状態なので、またまたフラッシングの いつもの店である。

ただ今日は行かなきゃいけない理由があったのだ。歯の詰め物がとれるという、食いしん坊には致命的な悲劇がついに外国の地でわたしの身にも起こってしまったのだ。

幸い、こないだフラッシングに一緒に行ったお友達Aさんがフラッシングの優良歯医者さんを教えてくださったので(ありがとう!!!)、飲茶とセットでトライすることにした。いままでNYで歯医者さんなんて怖くていけなかったが、ここはとても腕のいい日本人の歯医者さんだということだった。

もうなんかフラッシングさまさまである。もはや引っ越すべきだろうか。

今日は小さな発見もあった。一年以上使ってるカメラに“FOODモード”があるなんて知らなかったよ。赤っぽくなってしまうのはホワイトバランスの問題だったのか。勉強になった。

今度からは写真を撮るのがもっと楽しくなりそうだ。
b0186354_203305.jpg
b0186354_20331730.jpg
 
今日のNEWヒットは、なすのエビはさみ揚げ(一瞬で消えたので写真なし)と、2番目の写真のねぎとコリアンダーの腸粉。そして黒い棒。なんだかわからずにとったが、甘い黒胡麻味だった。こういうぶよぶよもちもちしたデザート、大好きなのだ。

お供は、前回同店で20年ぶりのエビを食べさせたベジタリアンのミュージシャンS。彼はこの店でだけはベジタリアンの仮面をとり、ただの "肉嫌いの偏食中年" に変身するのだ。

自己選択の街・ニューヨークには、ベジタリアンがとっても多い。しかも卵はオッケーとかチーズならオッケーとかいろんな種類がある。極右派がヴィーガンで、彼らは牛乳も卵もゼラチンもかつおだしといえども動物性のものは一切食べない。

宗教の信仰上禁止な場合を別にして、それぞれの理由を観察してみると、大きく分けて3つが個人のバランスで混ざり合っている。

①動物がかわいそうだから

②肉は健康に悪いから

③政治的視点(アメリカの過剰なフードビジネスによる搾取への反発)


まぁ、肉好きな人にとってはどの理由も矛盾点が気になってしてしまうのだが、これはおもしろい社会現象だと思う。

アメリカは移民が中心になって築いてきた国であり、食文化の歴史は浅い。

アメリカンといえば、なんだろうか? ステーキ?ハンバーガー?ホットドッグ?KFC? 

どれも、焼くか揚げるかはさむかだけのシンプルな料理だ。味は、油っこいもの、さもなければ生(サラダ)に2分され、調味料も塩か胡椒かケチャップをお好みで、というわかりやすい状態になっている。

えーっと、アメリカ料理の悪口を言いたいんじゃなくて(まぁ好きじゃないけど)、必死の開拓の過程で、安いもの、早くでてきてお腹いっぱいになるものが定着していったのだと思う。

でも、食文化が浅い=中国みたいに医食同源なんていう文化的な食育の知識がないわけだから、みんなが安けりゃ安いほど、お腹が満たされれば満たされるほどいいという”量”重視で食べものを求める。

しかも資本主義万歳の国なおかげで、需要が増えるほど大手のファーストフードやスーパーマーケットがどんどん提供にまわって大もうけ。彼らはコストを下げることに全力を尽くすため、”質”はどんどん悪くなる。


この悪循環によって、肥満をはじめとする健康被害がかなーり深刻だ。アメリカ人は身体が縦にも横にもデカイ。政府や大手フード会社に対する信頼はぺらぺらのトイレットペーパー並みである。

例のマクドナルド肥満促進責任の訴訟事件も、深刻な健康被害をかかえる方たちの、信頼を裏切られた悲痛な叫びなのだ。

そもそも資本主義最前線の国で信頼なんてなぁ甘ったるい幻想だ!といわんばかりに、みなさん自分で自分の身を守るという自己防衛の意識は高いようだ。

ごはんまでも金儲けの対象にされかねない状況ならば、周りに対して疑り深くなるのもしかたないのかもしれない。

b0186354_2041144.jpgアメリカの食ビジネス批判である“Food. Inc”の代わりに、ドキュメンタリーというより隠し撮りサスペンスである"THE COVE” が2010年のアカデミー賞ドキュメンタリー部門をとったのは記憶に新しいが、あれもアメリカの政治的思惑からの苦し紛れの選択に思えてならない。
(だって、サスペンスはドキュメンタリーじゃないよ…)


大手チェーンのホール・フーズからボランティア運営のCO-OPまで、ヘルス・オーガニックストアもいたるところにあり、お客はちゃんとラベルや栄養表示を見て買い物をしている。

自分や家族が口にするものはしっかり知っておきたいという気持ちは、とくにアメリカではよく分かる。モノを購入するということは、その流通システムに賛成・反対の一票を入れることと同じ、という社会的な責任感を持っている人が周りには多い。

そういうセルフマネージメントの延長がベジタリアン宣言というわけだ。

個人的には、肉は成長期に一生分食べつくした感があるので未練はないが、魚を食べるなといわれたら翼をもがれた鳥のような気分になるだろう。日本の魚料理の文化はつくづく素晴らしいのひと言に尽きる。

日本でベジタリアンがNYほど流行らないのは、

日本料理の伝統がしっかりしているおかげで何を食べても美味しいこと、

文化的な食育によって自分で食べものを選択できる自信をある程度もっているため口にするものにあまり不安がないこと、

協調性が強く、鍋料理のようにみんなと同じものを食べる一体感を重視していること


が関係あると思う。マクド訴訟が笑いネタになる文化というのは、ある意味幸せなことなのだ。

宗教上の理由以外では、アメリカ料理がまずいからニューヨーカーはベジタリアンになっちゃうんだと思ってたけど、そんなに単純なことでもないみたいだ。これは現代の食にまつわる文化人類学の話だ。

“What’s inside?” “Amazing!”を連発して肉以外は何でもとっても美味しそうに食べる偏食中年Sをみながら、なんだか無性に気になってしまうニューヨークのベジタリアン事情なのだった。
b0186354_20341423.jpg

関連記事
気分はフラッシングで飲茶?
それとも第3のチャイナタウン・サンセットパークで飲茶?b0186354_11414354.jpg

歯医者さん、とっても丁寧で良心的で麻酔も上手だったそうです。 Maho 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上のマークをピコっと1クリック応援!
していただけると励みになります。いつもありがとうございます。


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-06-30 21:13 | Essays
アマンダです。

みなさん意外と飲茶お好きなようだ。

ブログで連れがいないと嘆いたところ、張り切って立候補してくれた胃袋女子たち(ひとりはフランス人)をふたり加えて、今度は5人での遠征だ。 
前回フラッシングの記事はこちら→フラッシングでよだれ飲茶!

また行ってしまった。もうやめられない。

ちょっと冒険心を出して、未踏の地、第3のチャイナタウン・サンセットパーク。ユニオンスクエアから40分くらいで、そこはもう中国である。
b0186354_3564818.jpg
b0186354_3565950.jpg
真ん中の黄色いお餅、しゃきしゃきで美味しかったんですけど、なんだったんだろう。百合根かな。わかる方いますか?

b0186354_3572230.jpg

やーやぁやぁ、ここもハゲうま。

違いといえば、青菜炒めはフラッシングのそれよりあっさりしていて、スープ類が豊富なこと。そして腸粉類の皮は厚めであり、シェイプも洗練されておらず、いい意味で手づくり感があふれていることだろうか。

5人で行くとちょこちょことたくさん食べられてうれしい。初のふたりはせわしさ(チャイナの雰囲気とマダムとペギーの注文ぶり)に圧倒されていたが、楽しんでいたようなのでよかった。

満腹食べて、ビールも飲んで、会計はひとり15ドルほど。価格帯はDong Yi Fengといい勝負である。

そして店員さんがとてもやさしい。フレンドリーで感じがいいのだ。中国系のサービスには全然期待していないので、失礼かもしれないがちょっと感動してしまった。

写真を撮ろうとしていたら、ささっとテーブルの上の皿をアレンジしてくれた。しっかりメニューの店名を枠に入れる商売魂である。(その写真はピンボケ)

少し待つが、番号は英語で呼んでくれるので心配ない。その後の周辺散策も含め、満足なディムサム遠征となった。

週末の楽しみのオプションがひとつ増えて、うれしい限りである。

East Harbor Seafood Palace
714 65th street (bet 7th and 8th Avenue) Brooklyn NY11220
718-765-0098
http://www.yelp.com/biz/east-harbor-seafood-palace-brooklyn

b0186354_3541458.jpg By Amanda
b0186354_11414354.jpg

来週は6/14火曜日11時から、Tory Burchのサンプルセールがあります。トリーさんは震災のときもいち早く支援に名乗りを上げてくれたセレブのひとりです。NYにいらしているファンの方はぜひ!
Clothingline SSS Sample Sales 261 W 36th Street (between 7th & 8th Ave) 2nd Floor New York, NY 10018 Shttp://clothingline.com/upcomingsales.php Maho
 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング参加中。上のマークをピコっと1クリック応援!
していただけると励みになります。いつもありがとうございます。


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-06-13 04:10 | Amanda-Eating out
地下鉄駅の終点・Flushing-Main Streetへ向けて7トレインに揺られること30分。ここは第2のチャイナタウンだ。

せっかく休みの週末の朝、わざわざ出かける目的は…

飲茶。

英語ではDim Sum。

ディムサムのためならエンヤコラ。胃袋系の女たち2人をお供に連れて、いざ参戦である。

b0186354_7174545.jpg
先日めずらしく付いてきたMahoは浴衣を着ていた。たまには新鮮でいいよね。

いろいろなお店を何度も試した結果、お気に入りのふたつをここにあげてみる。

Asian Jewels seafood restaurant (敦城海鮮酒家)
13330 39Ave
http://www.yelp.com/biz/asian-jewels-seafood-restaurant-flushing
Mon-Fri 10時から
土日 8時から(!)
各種レビューでも大人気のようで、マンハッタンからもいろんな人が飲茶トラベルにきている模様。そのため週末は10分から30分くらい並ぶ。いやなら朝いちばんに。他の飲茶処よりも少し上品で、こぶりの蒸し系飲茶は秀逸。大根餅、ガラスの器に入ったホタテのウイロウケーキなど、とにかくうまうま。

Dong Yi Feng (東溢豐大酒樓)
135-29 37thAve
http://www.yelp.com/biz/dong-yi-feng-flushing-2
チャイナ度高めの飲茶。庶民的で、観光客とおぼしき人種はあまりいない。こないだ久しぶりに行ったら具が増えていた。2階ではチャイナドレスを着た椅子がお出迎え。ここのニラ饅頭と三角形のシーフード蒸し餃子は夢に出てくる美味しさ。ベジタリアンのSに、20年ぶりのエビを食べる気にさせた(無理やり食べさせた?)のもここ。
b0186354_7193439.jpg
トリッパ。牛の胃袋と冬瓜の八角煮込み
b0186354_7225468.jpg
貝の甘辛
b0186354_7201091.jpg
えびの腸粉とふかひれ蒸し餃子
b0186354_721294.jpg
デザート。ガラスが古いおかげで、幻想的なもやがかかる。
b0186354_7202566.jpg
白いものばっかり。ココナッツプリンはどちらのお店のもモチモチで美味しい。


飲茶処では家族連れが多い。こうして3世代に渡ってテーブルを囲むのが中華の醍醐味なのだろう。

お腹の空き具合も限界のわれわれだったが、しばらくは目の前を華麗に横切るカートを観察し、皿を頼むタイミングを計り…、いざ参戦。“Pork, Pork”、“Shrimp, Shrimp”。ヒトコト英語のおばちゃんからたちとのやりとりなので、ジェスチャーにも必死感が漂う。ディムサムの醍醐味はこのアドベンチャー感であるといってもいいだろう。目と舌で楽しめるし、頭も使わねばならない。

お腹いっぱいで店を出ると、思いのままに第2のチャイナタウンをふらふらしてみた。こういうときに、胃袋系女のアンテナ(オバタリアンアンテナ、ともいう)は頼りになるものだ。

おもしろいものがある店は、必ず“におう”のだ。

まずいつもの店でエッグタルトを買い。

“こんな新鮮なアミ(干しえびのちっちゃいの)はマンハッタンでは手に入らないわ!”と豪語するマダムMasaのお気に入りの路面店でアミを一箱全部の勢いで買い。

”マンハッタンのより若くて新鮮な気がするの!お裾分けしなきゃ!”と大量に豆苗を買うマダムにつられて私も買ってみたりしながら(日本のカイワレ大根みたいなもやしっこと違って、成長したものの葉っぱと芽の部分を食べる。)。

その他、豆乳やきのこなど、アジアンなグロッサリーを大人買い。フラッシング、楽しいぞ。

b0186354_724241.jpgマッサージは個人的には試さないほうがいいと思う。1時間で破格の30ドルとかなのだが、なんだか違法のニオイがぷんぷんする。雰囲気は、さながら現代の女郎宿である。

by Amanda

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-05-21 07:43 | Amanda-Eating out