俳優Mahoと、日頃から美・健・攻に努める10人の仲間たちのNYサバイバル生活。New York based actor Maho Honda's official blog!


by zhensui-maho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Ann-Travel( 32 )

フレンチ・キス

おひさしぶりです。アンです。

ひゃー。最後にパリの投稿をしてから、もう1年以上もたってます。みなさんお元気でしたでしょうか。

いまさらですが、Smugmugというサイトに、Mahoひとり旅パリ編の写真をギャラリーにアップしました。

Smugmug: Mahophoto Gallary: http://mahophotos.smugmug.com/

サンプルの“フレンチキッス”をここでも紹介します。


美術館で。
b0186354_11241468.jpg

公園の片隅で。
b0186354_11242936.jpg

ご先祖さまの目の前で。
b0186354_11244378.jpg
もちろん街のいたるところで。
b0186354_1125098.jpg


あぁ、なんて官能的なのかしら…恋がしたくなります。ロマンティック・パリ

わたしは旅行に行く時、観光名所、グルメ、パン、ヴィンテージショッピングのカテゴリーでそれぞれネットや本から得た情報をまとめて一冊のマイ・ガイドブックをつくって持っていきます。今回役に立ったウェブサイトを参考に紹介します。

パリの女ひとり旅、参考サイト

地球の歩き方:  定番。NYで買うと値段が倍するのが痛いです。

パリ発フランス情報ハヤクー・ hayakoo : レストランなどとても参考になりました。

All About パリ: とても実用的な情報がいっぱい。基本情報、モデルコースのアイディアも豊富。

パリ生活情報: ここでとても便利なサン・ドニ通りど真ん中のサブレットを見つけました。やっぱりキッチンつきでなければ。

この世でパンのある限り: パリのパン屋さんのことを情熱にまかせて一心不乱に書き綴っているパンヲタサイト・この世パン。みーわ姉さんとの運命的な出会いのあと、ますます好きになりました。


パリの街の空気感とか、市場のフレッシュさとか、パンにみる伝統の仕事の美しさとか、アパートでブータン(豚の血のソーセージ。黒と白あり)ばっかり食べている様子とか…、、、なにをみても、どこに行っても新鮮でワクワクして、自分が子犬になったみたいな興奮感が伝わればと思います。

b0186354_11541059.jpgby Ann

b0186354_11414354.jpg
チャイナタウンの激安高架下市場(7/3記事)について、
"NYチャイナタウン濃厚ガイド"を書いている人気チャイナタウンブロガーのひもやく氏から情報をいただき、例のマンハッタンブリッジ下のブラックマーケット(!)が閉鎖の危機だということが判明しました。そしてなんであんなに安いのかということも…。知ってしまったとなると、モニカは本格的に賞味期限切れのゴミあさりの様子をお伝えしているわけで、ここでちゃんと追記します。もし行かれる方は、そしてマンゴーを拾う方は、くれぐれもお考えになったうえでお試しください。Maho

参考: Bowery Bridge 記事 7/7/2011

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
気まマホ日記を応援クリック↑いつも訪問ありがとうございます。
If you enjoyed the entry, click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-07-11 11:46 | Ann-Travel
 今日は、ぐっとムードがでる夜のセーヌ川。
b0186354_8255432.jpg
b0186354_8263199.jpg
b0186354_8265754.jpg
b0186354_8285135.jpg
b0186354_8293641.jpg
 ロマンチックです。妄想も膨らみます。

b0186354_830153.jpg
 ノートルダム大聖堂。シテ島の一番東端のアルシュヴェシェ橋(Pont de l’Archeveche)は、その美しさがよく堪能できるGreat Viewスポットです。

b0186354_831629.jpg
 よう、姉ちゃん楽しんでいけよ!
  
 観光客向けの遊覧船ツアーがいくつかあるので、それを利用してみるのも優雅で素敵なセーヌ川の楽しみ方だと思います。興味のある方へ、いちばん有名な、バトー・ムーシュのセーヌ川ツアーのリンクを貼っておきますね。

 Bateaux Mouches
http://www.bateaux-mouches.fr/ 

b0186354_832438.jpg 川や海はいつ眺めてみても表情が違いますね。水面ってのは周りの景色と一緒に自分の心も映すのかしら。
By Ann
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-21 08:38 | Ann-Travel
Hi、アンです!!

 さてさて、雪のグチを書いたところで、なんだかすっかりまわりは春みたいですね。冬のパリ編はじゃんじゃん続きますよ。

 みどころ盛りだくさんの4区です。まずはパリの人々を見守ってきた川・セーヌのいろんな表情から!
b0186354_1584638.jpg
b0186354_203938.jpg
b0186354_211542.jpg
b0186354_21041.jpg
 
 うんうん。いつ橋を通っても写真を撮りたくなる、フォトジェニックな川なのでした。

おまけ
b0186354_214761.jpg
b0186354_22273.jpg
 川沿いには、古本屋がびっしり並んでいます。天気のいい日はとくににぎやか。

 でも毎日お店を出す人は本を運ぶのがたいへんでしょうね。

b0186354_233891.jpg この謎はあとから解明されることになるのですが…
By Ann

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-20 02:06 | Ann-Travel

雪の恐怖…

 前回はすっかり迷子になりかけたけど。

 でもでも、ついにパリにきちゃったもんね!
b0186354_11381911.jpg
 にわかパリジェンヌだぜ! 
b0186354_11384845.jpg
  うひょーー!! 
b0186354_1139920.jpg

。。。。。ゎーーーっくしょん!!!

 …ふぅ。実は、年末に激しい風邪を引いていたわたし。病み上がりの体に、容赦なくシンシンとふりつける雪のダメージは結構大きいのでありました。

 がくがくぶるぶる。
b0186354_11405848.jpg

 でもね、雪が降って困る理由は、寒さだけではありません。

 ふと道路をみてみると、ほとんどの道にばらまかれている塩。塩。塩。このまきっぷりはもはや、ヤケクソのような印象もいなめません。

 もしナメクジがこのときのパリの雪道に放されたら、それはそれは歴史的に残酷的で拷問的なことになるに違いありません。

 この環境は、ナメクジたちだけじゃなく、革の靴たちにとってもかなりの試練。ふとみると、靴の腹に白い筋…!?

 思い出すのは、じっとり暑い浅草花火大会の夜。買出し係をかって出てくれたムキムキだいすけくんのTシャツに滲んでいた美しい汗の模様と同じよね。つまり塩です。

 がびーん…

 しかも追い討ちをかけるのは、パリの街を覆うガタガタ石畳!か・かかとが欠けるぅ~。

 これらの強烈ダブルパンチで、あえなくお気に入りのヴィンテージブーツは修理屋のボブおじさんのお世話になることになったのでした。

 みなさん、さらに試練は続きますよ。吹雪のなかを持ちこたえ、ソルトまき散らしとけドロボウ状態をなんとか切り抜けてもまだ怖いのが、奴らが溶けたとき。冬の間、白銀のキラキラの下に覆い隠されていたあるものたちが蘇ります。

 そう、水分を含んで新鮮さを取り戻したOンコちゃんたちです。道のあちこちで

 「おれ現役復活だから!」

 っていうさりげない感じで待ち構えているのだ。あああわわあわ…
b0186354_11431976.jpg
 花の都パリといってもきれいなだけの街じゃないのはわかってるのですが。雪はどんどん降ってるけど、わたし (とブーツ) はへこたれませーん。

b0186354_11434848.jpg どちらについても、道のコンディションが悪いNYにも起こることですね。お気に入りの靴でパリの雪を経験するのは、それはそれはスリリングでした。
By Ann

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-16 11:59 | Ann-Travel
 いろんな情報を集めて自分でまとめたAnn編集版観光ガイドを片手…いや両手に、あとは意気込みだけで上陸した初のパリ。

 記念すべき第一歩目の地はここ、レピュブリック広場でした。
b0186354_171128.jpg
 神々しいムッシュウが真ん中にいます。
b0186354_17387.jpg
 あぁ、でもほんとに右も左も分からない…

 フランス人は外国人に対して冷たいと評判だから話しかけていいものか。どきどき。

 うわぁ信号まで威張っているではないか!
b0186354_181671.jpg
 えっへん!

 さむいよー。お腹すいたよー。ぐるぐるぐるぐる。なんだか一気に暗くなってきたし…。

 ちなみにレピュブリック広場は、夜になると屋台がたくさんでて、昼よりももっとにぎやかになります。
b0186354_19426.jpg
 けっきょく徒歩10分の道のりが一時間ちかくかかり、ようやく宿に到着しました。しかしまぁ、無事到着でやれやれでしたわ。

 パリの人はやさしかった。おっかさぁん、オラなんどがぢゃんとやっでげそうだだよ~…(涙)

b0186354_110970.jpg
 迷うのも楽しかったりして。意地でもタクシーは乗りませんぞ。

By Ann
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-15 01:15 | Ann-Travel
 他にもおもしろかったのが、ずらーーーーっと並んだ乗りモノの展示。

 発明の父さんたちが残した熱い思いを感じずにはいられません。
b0186354_13172640.jpg
 迫力!ナウシカを思わせるシェイプの飛行機。わぁさぁっっ!!
b0186354_13125679.jpg
 かつてはこんなにレトロだったチャルメラ自転車も…
b0186354_13132682.jpg
 出たぁ! 
b0186354_13142079.jpg
 ヴェリーーブ!!016.gif016.gif016.gif

 なにかといいますと、これは街中に駐車場があるレンタルサイクルです。すごいのは、どこで借りてもどこに返してもOKなところ。しかも、30分以内だったら何回乗っても1日1ユーロ!支払いはクレジットカードです。

 日本とかNYで流行らないかしら。
b0186354_1317446.jpg
 パリの美術館の一般的な閉館時間というのは、係員が帰る時間。なので、最後15分前くらいになると、客たちは定置網に追い込まれるヤリイカよろしく、わっさわさと出口に追い立てられます。

 時間がもっと欲しかったよぉ。今度はオーディオガイドを借りてじっくり回りたいぞ。

 というわけで、勤務を終えた館員のみなさんと一緒に、夜のReaumurに放り出されたのでした。夜になるといっそう不気味なアンティークビルたちが待っています。

 さて、今日は何を食べようかな。

国立工芸博物館 Musees des Arts et Metiers
60 Rue Reaumur 3e 月・祝休み


b0186354_13192223.jpg なんでここがガイドブックに載ってないのか不思議です。好奇心の強い方、ぜひとも行くべし!

By Ann

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-14 13:36 | Ann-Travel
 2区で紹介した、Reaumur通り。美しいながらも、やりすぎ・奇妙な建物が並びます。そもそも、ここにきたのは…

 国立工芸博物館に行くため!
b0186354_12251761.jpg
b0186354_12202264.jpg
ふーーむ。大人も学ぶ。

 今回のパリでいちばんワクワクさせてくれたのは、ここアール・エ・メティエ(Arts et Metiers)。遊び心たっぷりのオモシロ博物館なのです。

 25歳以下(たぶん)は無料なのがうれしい!
b0186354_1220542.jpg
b0186354_12211171.jpg
b0186354_12212689.jpg
 時計、電池、機織器、計算機、コンピュータ、楽器、秤などなど、あらゆる技術の歴史を網羅しています。いやはや、人類ってすごいですねぇ。
b0186354_12214745.jpg
b0186354_12215947.jpg
b0186354_12221287.jpg
 むむむ… 子供も学ぶ。

 あちこちで体験もできるから、ちびっこはおおはしゃぎなのです。出口に近づくと、ぐったりした大人があちこちで休んでます。

☆ 国立工芸博物館 Musees des Arts et Metiers
60 Rue Reaumur 3e 月・祝休み


b0186354_12231353.jpg いやぁ、これはそれぞれにマニアックで楽しいですね。歴代のカメラの展示と、世界の橋の作られかたの展示がとくにおもしろかったなぁ。

By Ann 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-13 12:33 | Ann-Travel
 親切なメンズとも別れ、ぶらぶらとショッピングしていたらお腹が空いてきました。

 ではもろもろよろしければ、恒例のパン屋チェックもはいりまーす。
b0186354_23434562.jpg
b0186354_23442259.jpg え、写真?ここ日本で人気なのかい?

 はい。日本ではガイドブックに載ってるんです…。パリの人にとっては、パン屋さんなんてわざわざお目当てを求めて遠くに行くものじゃないんだろうな。

Au Levain du Marais
32 Rue de Turrenne 

b0186354_23455533.jpg
b0186354_2346951.jpg
 北マレはごはんどころも豊富です。極寒の中、逃げるように駆け込んだレストランで、記念すべきパリ初外食はタジーーーィン!でした。

 モロッコが植民地だっただけあって、味は本格派です。

 ※Bd. Beaumarchaisの西側のどこか。

b0186354_23485388.jpg
 カフェ・デ・ミュゼのミュゼはピカソ美術館のことでしょうか。近いので、セットにするのがいいかも。

 日本のどこかのガイドブックにのってるのかな。日本人のカップルが2組入っていくのにつられて入店。シェフもひとり日本人の方でした。隣のカップルの相談に親切にのってあげてました。
b0186354_23481776.jpg
b0186354_23483418.jpg
 スペシャリテの黒豚を。ポテトグラタン付。おいすぃーい!

 プリンもすごく美味しいらしく、みんな頼んでました。でももーーお腹がいっぱい。彼女たちみたいにシェアする彼氏も連れてないし。ふん。

Café de Musees(カフェ・デ・ミュゼ)
49 Rue de Turrenne 3e
01 42 72 96 17 


b0186354_2343482.jpg  カフェドミュゼはおすすめだけど、ピカソ美術館は2009年12月現在は改装中なのでセット巡り予定の人は注意。

By Ann

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-12 23:55 | Ann-Travel
 今回は花の都パリということでいつもの旅行用ワードローブよりも格上の服を持ってきました。

 あとは気品のある(つもりの)態度でいれば、臆することなくショッピングも楽しめるはず…。ということで、旅行の最初に探検したのはテュレンヌ通り(Rue de Turrenne)界隈。

 マレの北東は、ちょっと落ち着いた大人の雰囲気です。サンドニからマレをぬけてこのあたりに着くと、東京で竹下通りから裏表参道をぬけて北青山についたみたいな感じ。

 テュレンヌ通りとヴィエイユ・デュ・タンプル通り(Rue Vieille du Temple)を中心に、ブランドショップ、個人のアクササリーショップ、高級ヴィンテージショップなどがたくさん!楽しい買い物エリアであります。
b0186354_232657100.jpg
 クロエのコートで20分くらい迷ってしまった。他にも、ブランド物を含めて上品なヴィンテージものが揃ってます。お客もおしゃれ。値段も…高め。
※ Rue de Poitou の南側のどこか。
b0186354_23273217.jpg
b0186354_2328893.jpg
b0186354_23282522.jpg
b0186354_23284722.jpg

 デザイナーさんがオーナーのアクセサリーショップ。初買い物は、ここの指輪でした。
※ Bd Beaumarchaisの西側のどこか。

 
 ふと空を見上げると…

 うゎー、雪がしんしんと降ってきました。これからパン屋に行きたいのにー。

 まつげに雪を積もらせながら水分でヨレヨレになった地図を広げていたら、行く方向が同じ親切なメンズが目的地まで連れてってくれました。パン屋に行くんだとはなぜかちょっと恥ずかしくて言えないわたし。

 そぼふる雪の中の背中にメルシーボクゥ。
b0186354_2329201.jpg
 偉そうとか外人に冷たいとか言われるけど、いい意味で予想を裏切ってくれたパリの人たち。思うに、一般的に外人に冷たいと言われる日本人と同じく、彼らもシャイで、あまり英語を流暢に話せないだけなのかもしれません。

 パリジャン・ジェンヌたちは、困って話しかけてきたオリエンタルに対して、言語でコミュニケーションできないなりに、話せる誰かを連れてきてくれたり、なんとかジェスチャーで伝えようとしてくれたり。そんな不自由な交流が、ひとり旅にはあったかくて楽しかったのでした。

 感謝感謝。わたしが日本語をしゃべれない外国人に日本で道をきかれたら、ぜひやさしくし教えてあげようっと。

b0186354_22561616.jpg クリスマス直前、ヨーロッパに大寒波到来!雪が降る降る。こないだ紹介した古着屋 (→KILIWATCH) でムートンを買うまで、寒風修行みたいでした。いいんだもん。おしゃれしたいんだもん。

By Ann

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-09 23:45 | Ann-Travel
 Hi! ひきつづきアンです。

 新たにブログ村から来てくださった方、はじめまして。最近は私が主役でパリのことを書いてます。ストーリーはすでに3区に入りました!

 ニューヨークの話題が好きなみなさまは、もう少しお待ちいただくか、過去ログをご覧くださいな。

 さて本題は、イタリア色が強い、Ranbuteau通りからです
b0186354_4204092.jpg
 なんだかかわいいお惣菜屋さんをみつけましたよ。

 店内は鮮やかなイタリア色。
b0186354_423597.jpg
b0186354_4284664.jpg
b0186354_430385.jpg
 お兄さんたちはハンサムで陽気でとっても濃い~ぃです。

 では今日は、ちょっとヒキがでて硬くなったバゲットとコラボしておうちごはんにしましょう!これこそキッチン付のお部屋の醍醐味でしょう。
b0186354_4315286.jpg
お店: CASA DELLA PASTA 15 Rambteau

b0186354_43785.jpg
 ラタトゥイユと、鮮度命のモッツァレラチーズがとくに押し。いただきまーす♪ 

By Ann

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 (気まマホ日記を応援)

 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2010-03-08 04:43 | Ann-Travel