俳優Mahoと、日頃から美・健・攻に努める10人の仲間たちのNYサバイバル生活。New York based actor Maho Honda's official blog!


by zhensui-maho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

死に損ないの、ハトを拾った。

ヴィッキーです。

今日は予想外の暖かさ。

バスの車窓から、調子に乗ってここぞとばかりにキャミや短パンを着ているアメリカンたちをぼんやりながめていると、公園の前の道路のど真ん中に、なにやらふかふかな白いものが落ちてるのが見えた。

動いてる!

それがケガして飛べないハトだと分かり、すぐさまバスを飛び降りるまでに時間はそんなにかからなかった。

なんて大胆な!

地面にうずくまるふかふかに接近すると、すんごいパニクっているのがわかった。

もう人も犬も車も動きのある全てのものから逃げ惑っているので予測不可能な縦横無尽の動きをする。完全に正気を失い、方向感覚がイカレている感じだ。

子供の頃に遊んだねずみ花火のような動きだ。

かわいそうというより、心が痛い。

幸い、歩道の方に行き着きゴミ箱の裏に逃げ込んだ。というかずぼっと勢いよくはさまった。

困ったなぁ、ちょっとこのあとヘアサロンにいかなきゃいけないんだけど。

b0186354_11101265.jpg
リン粉がとれたチョウチョみたい。

なんとなくほうっておけなかったので、挟まったふかふかの周りに餌を撒いておくことを思いついた。ゴミ箱の裏なら犬もこないし、おとなしくしていればいずれ治るだろう。

家に帰って食料庫をあけると、ヴィッキーの食料棚はからっぽだったので、Mahoのオートミールと、Saharのコーンフレークを迷わずひっつかんで現場へ(おい)。

もどってみると、なんと、例のゴミ箱の裏にふかふかがいない。

おとなしくしていればいいものを!

道でぺしゃんこになってる姿がありありと想像され、あたりをみまわすが、どこにもいない。

泣きそう。

藁にもすがる気持ちで、近くのオープンカフェでお茶をしていた女性に聞いた。

すると、ふかふかは、ゴミ箱から7mくらい離れた街路樹の根元でうずくまっていることが判明。

誰も彼も、ひと玉のネズミ花火と化したふかふかを無視できなかったようだ。

あの状態でこれだけ移動したふかふかはもう息が絶え絶えだ。でも、車に轢かれずにここまで移動できたことだけで奇跡である。

女性に理由をきかれて、”餌を持ってきたから”と言うと、”まぁ、ありがとう!”と、野次馬が3人くらいあつまってきた。

そうっと撒いたらいいとか(これにもビビるが、もう動く力がない)、ASPCAに電話すべきだとか、あーだこーだ井戸端会議に。

このままだと、踊り尽きるか、羽を折るか、車に轢かれるかでいずれにせよ死んでしまう。

箱に入れて避難させ、家の一番近いわたしのアパートのファイアーエスケープ(非常階段)のところにフタを開けて置いておくことに合意した。こうして、飛び立つ準備ができたら勝手に飛んでいけばいい。

そうと決まれば、フカフカが挟まったゴミ置き場から箱をゲットする。プラスチックの洗剤の箱のようだ。明らかに健康に悪そうだが、贅沢は言ってられない。5分くらいだから我慢しなさい。

こうしてフカフカは命拾いしたのだった。

相談している間ずっと犬よけをしてくれていたおばちゃん、カフェで食事中なのにフカフカをわしづかみして箱に移してくれたお兄さん、何度もありがとうと言ってくれたお姉さん、誰ひとりとして名前すら知らない通りすがり。これぞニューヨーク・モーメントである。

ドタバタと部屋にかけこむ。とりあえずキープしておく箱、はこ、ハコはねぇーかぁー!?

クローゼットの奥地へ分け入り、夏服が入っている段ボールをひっくり返してからっぽにし、Backstage(オーディション情報の新聞)両手いっぱいにふんづかみ、即席ふかふかボックスをつくった。

胴体を不器用につかんでボックスに移すと、ふかふかの体は華奢で温かい。トクトクトクトクトクトクトクと今にも止まってしまいそうなかすかな鼓動が伝わってくる。生きている。

飛べないようだし怖がらせたくないのでフタは開けっ放しだ。急いで支度して出かける。ヘアサロンの時間が迫っている。

髪を切ってもらってる間もフカフカが気になってしょうがない。ここのサロンに行く度にすんごい素敵な時間を過ごせるのだが、今回はまったくうっとりできなかった。

やっぱりひどいケガだったらいけないから、担当のあきつね氏やお店のスタッフの方々と話した結果、動物病院か保健所に相談したほうがいいだろうということになった。

野生動物の生き死には自然の摂理。触らない方がよかったのだろうか。余計なことをしたんじゃないだろうか。

家に帰るなり、通行人が教えてくれたASPCAに電話。それならココに電話して、と番号をもらう。で、ココに電話してみると、今度はそれならソコに電話してと言われる。で、ソコに電話してみると、今度はそれならアチラに電話してと言われる。アチラに…(以下同文)

終いにはぶちんっと切れてパソコン(skype)相手に叫んでいた。

つーか、エマージェンシーなんだけど、あんたら、たらい回しにするだけじゃん!どうしたらいいのか教えろっつってんだyよ!!!!!!!!

電話連鎖ゲームの最後に怒鳴られた男。

”What? はとだって?うちではそんなもの扱わないよ。なんとかしたいのなら、Youtubeで自分でなんとかする方法を調べてみなよ。いろんなハトの映像みられるだろうし。どんなに大変なことかわかるよ。手をよぉーーーーーぉぉおく(強調)洗って、やってみるがいいさ。あぁ、そうするがいいさ”

ハトと聞くやいなや、は?的な態度に出るものもいて、もうなんか意地になってきた。

もちろんYoutubeなんか行きませんよ。行くもんかい。

幸い、野鳥を保護する団体のページ、WILD BIRD FUND http://wildbirdfund.com/ をググってみつけ、そこの電話にめちゃめちゃ困ってる感まる出しの伝言メッセージを残した。ここで、今まで必死に培ってきた演技力すべてをそそいいだ。

b0186354_9503078.jpg
足を折った鳩がギブスを!WBFのHPより。これが決め手になった。

餌と水を入れてファイアーエスケープに出した箱入りのフカフカは、暴れ疲れてぐったりしている。まっすぐ立てないため、大丈夫なほうの足と反対側の羽で必死につっぱりながら、精一杯に己の身を保っている。

そんな状態でも、近づくとずりずりバタバタ逃げようとする。最後の力を振り絞って箱からでようとする。

今外に出ても確実に死んでしまう。すべてをふかふかと自然の成り行きに任せ、勝手に逃げていけばいいと思っていたが、今夜はフタは閉めよう。

ちなみに、ふかふかを置いたファイヤーエスケープに面しているのはサハーラの部屋の窓で、出るためにはでっかい本棚とソファーを動かさねばならない。

帰宅したとたん、ヴィッキーの夏服が散乱した廊下と、家具が勝手に動いている自分の部屋をみたサハーラは、何が起こったの!?とびっくり仰天。

ほんとだ、強盗が入ったみたいになってる。笑

幸い、明日は午後にオーディションがひとつだけという楽チンスケジュールだ。片付けしながら、毒を食らわば皿まで。という気持ちになってきた。

明日へつづく。

b0186354_1133724.jpgby Vickyb0186354_11414354.jpg

ひさしぶりにアンジェリカキッチンで食事。早咲きの桜が咲いていました。 Maho 


 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 ↑こちら応援クリックどうぞよろしく!

ニューヨーク生活情報
↑ついでに新しいこちらもクリック。どうぞよろしく!

Please click there 2 ranking banners above and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2012-03-16 11:19 | 拾いばと・ごまめ日記