俳優Mahoと、日頃から美・健・攻に努める10人の仲間たちのNYサバイバル生活。New York based actor Maho Honda's official blog!


by zhensui-maho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

漢方薬局で健康促進・同仁堂

シェルです。

いやー、昨日もDavidはすごかった。

こんなふうに極上のマッサージをしてもらうと、自分がホッケの開き(アジより大きめだし)になったような感覚になります。

ホッケを食べるときは、骨の周りの取り外しやすい身からほぐしていって、エラの脇、目玉の上、さらにはカマの裏の裏側の黒っぽい身のところまで念入りにぜんぶ残さずきれいにほぐし尽くして、最終的にホッケは骨と皮だけのブランブラン状態になりますね。

まさにこれが、Davidマッサージの後の状態。ぶらんぶらんのヘロヘロです。見逃した身ゼロの、猫またぎのホッケ…なんとなく伝わるかしら。

はい、幸せでございます。

さてさて、アマンダさんもフラッシング・チャイナタウンにはまってるみたいなので、今日はわたしもフラッシングから漢方薬局をひとつ紹介しますね。

同仁堂(Tongren Tang)

あれは3年前、2ヶ月の極寒北京出張のとき、お腹は壊すわ肌は荒れるわ風邪で声は出ないわでズタボロなわたしに、現地のみなさんが口を揃えて勧めてくださった漢方薬局(中国では漢方とは言わず中葯といいます。)が、北京同仁堂
HPはこちら(中国語)→ http://www.tongrentang.com/

本土の北京では、もっとも信頼されてる漢方薬局だそう。それも納得、1669年から続く老舗で、中国皇帝に仕える宮廷御用達の薬商として名を馳せて有名になったそうです。そして漢方薬企業としては唯一の株式会社でもあります。

ただ北京には、この北京同仁堂のほかに“同仁堂”と名乗る薬局が山ほどありまして、そのひとつを海を越えたアメリカの地・フラッシングで見つけました。

北京に山ほどある同仁堂が北京同仁堂と同じグループなのかはナゾです。そこは、ねぇ、あれ、きんくまの中国ですから。

3年前に自分用にもお土産にも大量に買って帰ったお気に入りの風邪薬がこのフラッシングの同仁堂には置いてないところをみると、もしかしてここは本家の北京同仁堂つながりじゃないのかも。

↑訂正します。同系列だそうです。疑ってごめんなさい。記事最後に追記あり。

でも、なかなかきれいで店員さん(中国語)も親切なので、さくっと漢方薬や薬膳茶を買うのにはおすすめです。

b0186354_08727.jpg
外には健康茶の売店も。のどが渇いたときにいいです。

b0186354_082874.jpg
きちんとした店内。高麗人参茶の試飲もあり。レジ横には脂肪燃焼、肝臓強化、貧血防止など目的別にインスタントパックになった漢方が2ドルくらいで売ってます。これを自分で煎じて飲むわけですね。漢字でなに用か分かるのは、日本人の特権。

b0186354_09079.jpg
乾燥豆、グレイン、ナッツ、ドライフルーツ、乾燥シーフード(しらす、ホタテ、えび、カキ)も豊富。

b0186354_092434.jpg
ビタミンも選び放題。フィッシュオイルは他所より安め。
b0186354_094465.jpg
花粉症、アレルギーに効くお茶のコーナー。ちなみに、奥にはオトナのコーナーもあります。

b0186354_010579.jpg
レイシ茸。なんかきいたことある。強そうです。


b0186354_0102848.jpg
お気に入り① 生姜湯。
蜂蜜としょうがとサトウキビ糖というシンプルな材料に好感が持てます。かなーりしょうがきっついです。のどのイガイガは一発で治ります。レモンを絞って入れるとさらに美味しい。2.5ドル。

b0186354_0104224.jpg
お気に入り② WOOD LOCK OIL
おしゃべりマッスース(マッサージ師)Jimmyが教えてくれたオイル。湿布のニオイなので朝使いはNGですが、効きます。肩とか脚がつらいとき、手持ちのボディオイルに数滴混ぜて使ってます。8ドル。

b0186354_011677.jpg
お気に入り③風邪薬顆粒
こちら、ここで買える風邪薬。まぁまぁです。体がぐぉーっとあったまるところは一緒ですが、わたしにはちょっと甘すぎる。みんなに飲みやすくていいのかもしれませんが、北京同仁堂ブランドの無糖で容赦なく苦い顆粒が懐かしい。2.5ドル。

b0186354_0112785.jpg
これがうわさの北京同仁堂風邪漢方顆粒。似てるけど違います。1日で風邪が吹っ飛んだ!ときのあの感動は今も忘れられません。やはり現地の風邪には現地の薬が合ってたんだと思います。

b0186354_1552241.jpgもしどなたかニューヨークでこの無糖の北京同仁堂風邪薬を見かけたら、ぜひともご一報くださるとたいへんたいへんうれしいです。

ここ以外にも、チャイナタウンには気軽に試せる漢方薬局がたくさんあります。もともと即効性があるものではないので、まずは気分から健康になってみるのもいいかもしれません

同仁堂
40-34 Main St.,Flushing,NY 11354
 ルーズベルト大通りの交差点から南に1ブロック、40ストリートの南西側コーナーです。

追記(7/9/2011): 
ここフラッシングの同仁堂は、北京同仁堂の系列だということをお店できいて確認しました。そしてウワサの北京同仁堂ブランドの無糖風邪用漢方薬顆粒も発見しました(4.5ドル)!!うわぁお!!オマエの目は節穴かぁ!!!!
…謹んで訂正させていただきます。早とちりですみませんでした。 
b0186354_945132.jpg
 これが北京同仁堂ブランドの風邪漢方顆粒だ!!!ばーん。


b0186354_015093.jpgby Cherb0186354_11414354.jpg

ブロードウェイ、Bengal Tiger at the Baghdad Zooをみました。抽選で当たったのです。しかもクロージング公演で(知らなかった!)、キャストとスタッフみんながステージに出てきて、とても感動的でした。 Maho 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
気まマホ日記を応援クリック↑いつも訪問ありがとうございます。
If you enjoyed the entry, click the ranking banner above
and encourage Maho's blog!


 THANK YOU070.gif! and C U soon070.gif
[PR]
by zhensui-maho | 2011-07-07 00:39 | Cher-Beauty, Health